お知らせ

自分の葬式費用を残したい。

ビル

葬式を必ず自分が死んだら行ってもらえるとは、限らないと思います。自分が死んでたとえば不肖な子だけが残って葬式をしていただけない可能性があります。死んだ後のことは、私には、どうしようもないことなのです。私の死亡が確認できず年金が振り込まれ続けらることも考えられます。それで子は、生活するかもしれませんが私には確認のしようがないのです。よく考えてみれば葬式をしなくてもなんの支障もないと思えます。ただ法的手続き、遺体の焼却処理は発生します。費用は20−30万円かかるのです。このお金は、どう使おうと残しておく必要があります。実際どう使われるか死んだ後のことは、わかりませんが用意して葬式をやってねといっておきたのです。実際には、費用は200万円あれば足りと思うので200万円残したいと思うのです。

忙しなく葬式の受付まで気を配れますか

ビル

お葬式の受付は昔は同じ自治会や近所の人が頼まれて行っていました。しかし最近は「隣は何をする人ぞ」というようにご近所のお付き合いがあまりなくなってきています。ですから、親戚に頼みやって頂く人が多くなったように見受けられます。しかし、兄弟や親族は多いですか。香典を預かる立場ですから学生というわけにはいかないと思いますが、先日伺ったところでは頼める人がいなかったようで親戚の中学生が二人で受付の係をしていました。式場の係が見守る中やっているので無事にできているようにも見えましたし、無駄話もせず二人は緊張な面持ちでやっておりました。辿々しかったですが、これも有りかなと思えました。大人達は中の式に出ていてここまで手がまわらない人数でしたので仕方ありませんでした。これからの時代圧倒的に子供が少ない訳でこんな事が多くなりえるのではないかとも思いました。自分の最後をどうするか、身内の最後をどうするかは受付までは手がまわらないかも知れませんが日頃からきちんと協力関係を気づいていればこのようなこともなくやってもらえる人がいることと思います。日頃からのお付き合いは本当に大事です。

サービス一覧

事前に葬式について相談しておくべきです

葬式で困りたくないのであれば、事前相談をしておくべきです。現在の葬儀社では、事前相談を受け付けている

葬式に参加してみての振り返りです。

葬式に参加してみました。約10年前の話になりますが、その時の話をします。祖父が亡くなった時に、私は初

簡略的になってきているお葬式

葬式は故人との別れを惜しんで、遺族や生前つきあいのあった人達でおこなう最後のお別れのセレモニーです。

葬式とお通夜の流れとマナー

葬式は遺族や親族、友人や知人たちが集まり故人の成仏を祈り、別れを惜しむ儀式です。最初に行われるのが通